NTT西日本・福岡市と共同で、通塾児童の見守りトライアルを実施 | 株式会社LiveRidge|ライブリッジ

NEWS

ニュース

NTT西日本・福岡市と共同で、通塾児童の見守りトライアルを実施

2018/02/26

Fukuoka City LoRaWANTMを活用した児童見守りトライアルについて

~保護者と塾の連携による通塾の見守り~

西日本電信電話株式会社 九州事業本部(福岡県福岡市 取締役九州事業本部長:小澤 正憲 以下、NTT西日本)、株式会社LiveRidge(東京都港区 代表:澤和寛昌)および manaweb塾(福岡県福岡市 塾長:木島隆一郎)は、福岡市が整備している Fukuoka City LoRaWANTM ※1を活用し、児童見守りのトライアルを開始いたします。

※1 Fukuoka City LoRaWANTMとは、「福岡市 LoRa®※2Network 実証環境提供業務」に基づき株式会社エヌ・ティ・ティネオメイトが提供する、福岡市内広域のIoTネットワークサービスです。
詳しくはこちら

※2 「LoRa®」の名称および関連するロゴは、Semtech Corporation の登録商標です。

1.背景

児童が犯罪に巻き込まれる事件が後を絶たず、地域における児童の安全は喫緊の課題と なっています。そのような中、省電力・長距離通信が可能な LoRaWANTMを活用したさまざまなソリューションの提供をめざすNTT西日本と、LPWA※3を活用したGPS位置情報サービス「LiveAir」を提供する株式会社 LiveRidge、グループワークスタイルの学習塾を経営するmanaweb塾は、児童が安心して通塾できることを目的に3社で共同トライアルを実施することになりました。
※3 LPWA とは「Low Power Wide Area」の略称。IoT/M2M に適した省電力・長距離の通信を実現する 省電力広域無線通信の呼称

2.トライアル概要

トライアル概要 トライアル概要児童が塾に持って行くカバン等にセンサーを取り付け、定期的にセンサーから位置情報がFukuoka City LoRaWANTMネットワークを通じて送信され、LiveAir がその位置情報をもとに児童の現在地や通塾経路を地図上に表示します。保護者や manaweb 塾の講師は、スマ ートフォンやパソコン等で児童の位置情報を確認することができます。 本トライアルでは、保護者だけではなく塾側でも児童の位置情報を確認することで、保護者と塾が連携して児童を見守る仕組みを作り、これらの効果およびニーズの検証を行います。

トライアル実施期間:2018年2月26日 ~ 2018年3月31日(予定)

3.各社の役割

(1)NTT西日本
・LoRaWANTMを活用した児童見守りの課題調査、ニーズ検証
・ 技術支援(端末設定等)及び運用サポート

(2)株式会社LiveRidge
・GPS見守り位置情報サービス「LiveAir」の提供

(3)manaweb塾
・トライアル運用、ニーズ調査協力

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

CONTACT

ご依頼やご相談、サービスについての
ご質問やご要望がございましたら
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

Copyright 2018 LiveRidge Co.,Ltd. All Rights Reserved.